正露丸の新たな事実?

ラッパのマークの正露丸の話をしたら、こんな情報が寄せられました。情報を提供していただいた御本人も絶対の確信はないとのことですが、面白い話なので紹介します。

正露丸は、日露戦争時に兵士の下痢止めとして使われたもので、 露西亜を征服する意味で征露丸の名称だった。その後商品にするにあたり、この名前は日露戦争後に敵対関係ではなかったロシアに対して露骨であり、正露丸になった。

どこかの会社が独自に開発したものではないので、各社が正露丸を販売した。戦後、大幸薬品が商標登録し、他社の名称利用 を停止させようとした。他社は、以前から販売してきた事実をもとに、この請求を不当なものだとして裁判で争う。

(ここは怪しいんですが)大幸薬品が商標登録に問題はないが、 他社の名称継続利用も認められた。よって、大幸薬品の正露丸には登録商標と書いてあるが、他社のものにはない。

大幸薬品は、自社の商品が正当な正露丸であることをアピールするために「ラッパのマークの」を冠して宣伝している。

ちなみに、クレオソートがなぜ下痢止めとしての効能があるのかは解っていなかったと思います。今の基準で言えば、薬としての条件を満たしていない珍しいものだったと思います。

というわけで、なんと正露丸は日露戦争のころから愛用されている薬だったのですよ。なかなか面白い経緯で勉強になりました。情報提供ありがとうございます。

『最近あった話題』に戻る

『ホームページ』に戻る