互換インクって変色するものなの?

そろそろ年賀状のシーズンです。さてっと、今年はどんなのにするかなぁ。震災で「あけましておめでとう」という表現は控えているというニュースが流れていたけど、毎年作っているのは、どのみち書いてないし。
で、1つ困ったことがありまして、夏ごろからプリンタの色が変でして。あまり重要な書類を印刷しないもんだから放っておきましたが、年賀状印刷はそういきません。
201111190950000
これ、変な色でしょ? どういう画像を印刷したかといえば、これです。
201111202205000
全然ちがう。一番狂っているのは右上の黄色ですかね。緑に見えるんですけど。
201111202159000
年賀状が全部パーになっても困るんで、インクを取り替えて見ることにしました。そしたらこれです。イエローがどう見ても緑に見えるんですが。他のシアンとマゼンダはそんなに変には見えませんがね。ケチって互換インクを使ってみたんですが、互換インクって変色するもんなんでしょうか。たぶん、去年の年賀状印刷で交換しているので、半年で変になったと思います。
201111201833002
互換インクもピンキリでして、ちょっとまともそうな互換インクをAmazonで調達。懲りないやつだ。
201111202226000
でも、ほらこのとおり。テストプリントでマトモなWindowsロゴが出てきました。今回買ったインクのパッケージみたら半年で使い切れと書いてあった。半年で使い切るというのは純正インクでも同じなんでしょうか。だとしたら、使いきらなかったら、結局、次の年賀印刷で交換する羽目になって、大してお得にはならないのかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です