9月20日、朝、屋久島

朝7時前、窓の遠くに屋久島が見えてきました。もう少しのところです。朝食にて前日にうまそうだった卵料理を奥様はもらいにいきました。食べ終わってデッキに出るとツアーバスが何台もお迎え。あー、あのツアーが満員だったんだよなぁ。さーて、どうするか。9時に下船してお弁当を取りにいき、そこからバス停に行って、10:08の白谷雲水峡行きバスに乗るという計画。うまくいくのだろうか。
屋久島の左手の高い山は既に雲が掛かってきて雨が降っていそう。その手前の右側の山が方角的に白谷雲水峡方面のようだ。船上から見ていたら登山姿の夫婦が元気に出発していった。足取りからして慣れていそう。私達は大丈夫なのだろうか。
前日に雨具、着替えなどをリュックに詰め込んでおいた。足元はトレッキングシューズに履き替え、リュックを背負って下船時にカードをスキャンして出発。これ、船に戻らない人を割り出すための機械仕掛けです。

携帯のGoogleMapを頼りに歩む。途中、裁判所や検察所があってTVのヒーローを思い出してしまった。こんな離島でもあるんですねぇ。
国道77号に出て左に曲がり坂道を登っていく。地図ではこの辺なんだけど。弁当屋に電話してみる。場所はあっているらしい。しばらく進むと店の前で女性が待っていた。隣にはMマートというコンビニ風のお店。ってことはここでも食料は手に入るのではないかい?まあ、売り切れで手に入らないことを考えれば、これでいいっか。登山弁当、2個で900円なり。電話で名前に「登山」とついたので、「それ」といって注文したので中身は不明。
Sany7771
また、坂道を下り、今度は「宮之浦」というバス停を目指す、距離にして1kmぐらいだろうか。白谷雲水峡こっち!の標識を発見。
Sany7772
さらに、こんなお店も発見!なーんだ、そこらじゅうに食料が手に入る店があるじゃないか。今、9時半。8時ごろから開いていそう。
さらに橋を渡っていたら、遠くから結構なスピードで迫ってくる船を発見。あれ?あれは流木で運休になっていた高速船トッピーではなかろうか。全然減速しないで岸壁に突っ込んでくるんだけどブレーキは効くのかな。
Sany7773
これがレンタカー・レンタバイクを借りる予定のSUZUKIのお店らしい。一瞬、キャンセルのバイクがないか聞いてみようかと思ったが、もうすぐバス停に着くからやめた。
Sany7775
宮之浦バス停到着。なんと!バス停は八百八というお弁当屋さんの前だった。なーんだ、そんなんだったら、ここに予約入れておけばよかった。お店をちょっと覗いたら、予約だか売っているだか分からないが、お弁当らしきものが10個ほど見えた。バスが来るのは10:08。まだ30分ほど余裕がある。まさか、バスが来たら満員で乗れないってことはないよねぇ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です