寒さに弱いバッテリー、電気自動車は大丈夫?

旭山動物園をまわっていたときのこと、マイナス5度ぐらいで旭川としては暖かいほうだったわけですが、xactiのバッテリーがあっというまになくなりました。いえ、本当になくなったわけじゃなくてバッテリーが発電しなくなってしまうんですよ。使わないでポケットに入れておくと電池残量が回復して、撮影しているとあっというまになくなってしまうの繰り返し。やっぱりバッテリーって寒さに弱いのね。
で、思ったわけです。いま電気自動車が出てきてますが、こういう極寒の地で大丈夫なのだろうかと。要はバッテリーを暖める機構があればいいわけですがね。もちろん、リーフも寒いところでテストしているでしょうけど。
あと、借りたVitsは寒冷地仕様だったと思います。暖房の効きが普通のに比べてよさそう。でも、外気温計がついてなかったから、道路わきの温度計で知りました。
道路には外気温に加えて路面温度も表示されてました。だいたい外気温より1~2度ぐらい路面のほうがあったかいみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です