いいよぉ~、猊鼻渓

201206010927000
岩手の猊鼻渓に行きました。渓谷を川下りしている写真を見たことあって、日本にもこんなに切り立った場所があるんだぁ、と期待してました。場所は岩手の一関から右上に10数キロ入ったところかな。電車でもいけるそうです。ガード下からパチリ。この線路、本当に電車走ってるのかなぁ、と見上げてたら、丁度やってきました。2両編成。
201206010933000
大人1500円。ところがHPを印刷して持って行くと1350円に割引。それを東北自動車道走っている最中に見つけたので、iPhoneの画面を見せて特別に割り引いてもらいました。ラッキー。
201206010935000
あの船に乗るみたいです。一杯あるけどお客さんはまばら。1時間に1回出発するので待っていたら小学生の集団がやってきました。彼らと同じ船に乗るのか? いや、彼らは特別に1艘で出発していきました。よかった。
201206010935001
船頭さん、いっぱい居るな。女の人もいるよ。誰に当たるんだろう。
201206010939000
ゆるキャラブームに当て込んで、ゲィビィというキャラクタ作ってるし。呼び名はそのままやね。でも、発音はかわいいキャラに聞こえるわ。
201206011011002
はい、出発。これから90分の行程。結構時間かかるな。売り子さんがジュースやビール、ずんだ餅を売りに来る。この先、水分が取れないと聞かされると、結構、みんな飲み物買うんですわ。いい商売です。天気がいいと暑くて確かに喉が乾く。日陰は涼しくて気持ちいいんだけど。
201206011020000
この船頭さん。話が上手で面白いんだわ。なんていいますか、綾小路きみまろっぽいゆるいギャグを飛ばしながら漕いでいくんだけど。
201206011026001
進んでいくと左右の岩がだんだん切り立ってきて、こんな感じになってきます。高いところだと100mぐらい垂直です。岩は結構やわらかそう。石灰岩って感じです。それで、いちおう座布団型の救命胴衣を敷いてるんですが、船が転覆したって溺れそうにないような浅瀬。経てば腰ぐらい。浅い所だと膝ぐらいかも。流れも穏やかでぜんぜん怖くないです。
201206011032000
まるで大きな池のような雰囲気なので泳いでいる魚がでかい。池の鯉と同じ。みんな観光客から餌もらってるし丸々と太ってます。餌もらえると思って船を追いかけてくるしね。
201206011037001
ここが終点。船を降りて橋を渡って奥まで進みます。
201206011040001
遠くには先発隊の小学生の集団。なんかやってます。水切りです。君たち、そんな高い角度からやったって跳ねんよ。薄っぺらい石を選んでちょっとやってみせる。みんな感心する。頑張って練習しな。
201206011043000
こんなものを売ってる。素焼きの玉。5個で100円。
201206011044000
愛だとか恋だとか運だとか、いろいろ一文字が書いてある。
201206011046001
これを向こうの壁に空いた穴に投げて入ると願いが叶うという逸話。誰かあとから考えたんだろうなぁ。けど、結構みんな試してみる。自分もこんなの楽勝さと思って投げてはみたんだが全部外れた。結構むずかしいぞ。野球選手を呼んできて豪速球でぶん投げて入れて欲しい。
201206011110001
帰りは船頭さんが歌を披露。名前は忘れたけど、猊鼻渓っていいところだから寄って行きなよ、みたいな意味だった。これがまた旨いんだ。NHKのど自慢大会なら絶対合格する。
201206010925000
帰りに無料で駐車させてくれる土産物屋で買い物。一番近い場所にも500円の有料駐車場があるんだけど、まあ、お土産見るならここに停めてもいいと思う。この辺は和紙でも有名らしい。じつはこの川下りも川の奥地に和紙の材料になるコウゾとかを取りに行くのが始まりだったとか。
でね、全行程90分でいろいろ楽しめて1500円は安いですわ。ぜったいおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です