シームレスな道案内

カーナビは便利なものですが、現地の近くに到着して、ちょっと離れた駐車場に案内されて、さて、どうやってあそこに行くんだ? と迷うこともしばしばです。 最近、高速1000円でETCも品切れ状態で、かなりみなさん行楽に出かける準備万端というところでしょう。
で、ちょっと考えたんですが、カーナビでもPNDと呼ばれるパーソナルなやつ。取り外しが出来て外に持ち出したり、別の車に付け替えたり。昔はそんなに需要があるのかなぁと思ってたんですが、この行き先での道案内を考えたら、結構便利だったりして。なんて思うようになりました。
で、いま注目しているのが、SONYのパーソナルナビゲーションシステムnav-uです。だって、本体内蔵のバッテリーで4時間使えるっていうじゃないですか。それに取り外しが出来るから、出かける前に自宅で行き先や寄り道の情報をインプットしておいて、クルマに持ち込めばまごまごしませんものね。
私は、いま出かける前にどうしているかといえば、PCで住所や電話番号の位置情報を携帯に送って、車に乗り込んで、携帯みながらナビに情報を入力して目的地を定めたりしています。
現地についたら、今度は携帯のGoogleMapで目的地を探したり。この辺連携してくれるとありがたいんだけど。
実は、ある有名自動車部品メーカーの仕事もしていたんですが、その会社はPNDは作らないと最初から決めていました。だって、クルマから取り外せるNAVIは車部品とも言えないかもしれないし、値段が安いから利益も上がらない。だから参入しないそうで。
でも、インサイトの売れ行きやETCの品切れを考えると、もうクルマだけで商売を考えてはいけないんではないかと。クルマを使ってトータルな楽しみを提供するなかで、お金を使ってもらうという方向にシフトしないといけないんだなぁ、とちょっと思っています。

カテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です