モフモフをサイボーグに、いえ、マイクロチップです

Sany1904
そういえば忘れてましたが、モフモフがサイボーグになりました。っていってもマイクロチップを入れたんですがね。ん?マイクロチップをご存じない? 1cmぐらいのマッチ棒ぐらいの大きさのチップを犬猫の体に埋めて、迷子になったときにスキャナーで読み取ると、飼い主が判明するってやつです。市の助成が効くので、6月になるのを待ってました。
手術は簡単。背中にブチッと針を刺して中身のチップを入れるだけ。もともと、猫は背中の部分に皮が余っていて、点滴の皮下補液なんぞ、私でも簡単にできてしまうのです。
このマイクロチップ。規格が3種類ぐらいあるらしく、それぞれ別々のスキャナーでないと読めません。横浜の動物病院では3種類のスキャナーを置いているそうです。保健所にも置いてあって、迷子などで保健所に行った場合には、処分するまえにスキャンすることになっているそうです。だから、マイクロチップがあれば迷子は大丈夫。でも、事故にあって保健所じゃなくて衛生局にいったときには、まだ、スキャンする手はずにはなっていないとか。
モフモフは外には出さないので、迷子になる確率はすくないですが、最近、脱走するのが好きになりまして。玄関を開け閉めするときは、「シャー」と人間のほうから威嚇して出入りする毎日です。

カテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です