3DプリンタDaVinciのノズル詰まり

P9260511
いま、トイレセンサーや秘密の部材を3Dプリンタで沢山印刷しているんですけど、昨日、2箱目のフィラメントが印刷途中で終了しまして、中途半端な状態で出力されました。 それだけならいいんですが、買い置きしてあった3箱目をセットしてフィラメントをロードしようとしても全然入って行きません。どうやら詰まってしまったみたいです。
付属のピンで穴を突いたりしてみたんですが、ぜんぜん改善する気配なし。 いろいろネットを回っていたら、フィラメントの最後の端切れが中に詰まっていることが判明。
P9250508
この楕円で囲んだのがそうです。で、問題は、この状態でずっと印刷を続けてたものですから、プラスチックが劣化して中に詰まってしまったらしいんです。 ノズルは210度まで加熱されるのでプラスチックは段々と焦げてきて、黒い炭になっていくんです。 弱ったなぁ。 なんどピンでつついても仕上がりが綺麗にならないし。
P9260517
本来なら薄い板のような仕上がりになる、このケース蓋もご覧のとおり。ノズルは詰まっていないんですが、出が悪い。いつもはぶっチョリ出てくるのに、ほそーい感じです。これじゃ面が埋まらない。 昨日は夜中の3時過ぎまで格闘してたんですけど、いい加減に諦めモード。 こまったなぁ、メーカーに修理に出すにも箱は捨てちゃったし。 だって、とても大きな箱で取っておく気にならなかったので。 捨てなきゃよかった。
P9260513
P9260512
またネットを徘徊していると、同じ症状になった人がいて、この人は、付属のピンは0.35mmなので、もうすこし太い抵抗の針金、0.45mmを使うといいよ。と書いてありました。しかし、ほんのすこし太いだけですが、当然、0.4mmには入って行きません。だから、まったく掃除にならない。
もう、どうしていいかわからないので、とりあえう0.35mmの付属のピンを穴から出し入れして、残りカスがこびりついていれば剥がれるようにして、フィラメントをロードしたりアンロードしたり、ノズルを外してみたり、いろいろ試しました。
そしたら、なんとか1cm立方体がちゃんと出力されるように。バンザイ! どうやら、効いたのはフィラメントを送り出すギザギザのローラーについていたプラスチックのカスが滑りを生んで、フィラメントをしっかり送り出せていなかったのが原因っぽいです。 上の赤い四角で囲んであるところ。 ここをアンロードしてローラーを回しながら、丁寧に金属ブラシで掃除したら、治った気がします。
さて、また、印刷の続きを。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です