クラゲちゃんの最終調整と偏光グラス

Img_20161113_094908
えー、これが先週末最後の海での実験の様子です。奥様、ゴム長靴(ウェーダーというらしいですが)とライフジャケットを身につけて、遠浅だとあまり恐怖感がないようで。 無線方式の海上での到達距離も確認したかったので、なるべく遠くまでは行ってもらいましたが。ここまで届けば十分でしょう。ぜんぜん電波は弱くならない。遠すぎてロボットの様子が全然分からずです。 水中映像とコンパスだけで操縦するのって至難の業ね。

水中ロボットのほうもモーターの位置変更や出力アップを図り、かなりスイスイ泳げるようになりました。あとは藻の絡みつきだけなんですけど、 ネットをつけると推力落ちそうだし。 沖縄の海に藻は浮いてないことを祈って。
Img_20161115_075932
で、また課題が持ち上がるんですが、遠くにいくと水面がキラキラ反射してよく分からないんですわ。 こういうとき偏光サングラスがあるとスッキリ見えるといいますが、試しに1個調達しました。 夜だとよく分かりませんが、PCの液晶画面を覗くと角度により見えたり黒くなったります。 そこで実験プールで実証実験。
Img_20161115_075738
これは朝のプールを窓越しにスマホで撮影したもの。水面に向こうの景色が反射してますよね。
Img_20161115_075745
こちらが偏光サングラスを通して同じくスマホで撮影したもの。水面の映り込みが少なくなってます。
Img_20161115_075750
これも偏光サングラス越しなのですが、グラスを90度傾けて、縦にしてみたところ。水面の映り込みがなおさら際立って。 ということで、偏光サングラスというのは水面の反射の光は遮るものだということが分かりました。効果ありそうなので、ロボコンチーム3人分を調達です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です