ダイハツ コペンの試乗してきました

この前のモーターショーで発表していたダイハツのコペンが発売されたので試乗してきました。だんだん景気が良くなってきたんですかねぇ。これまでの経験上、オープンカーの発表数と景気って、結構、連動しているんですよ。
P6216416
真横から見ると前のグリルが切ったようにスッパリ。ちょっと変なぐらいにスッパリ。
P6216417
しかし、少し角度を変えると、普通なんですが。ヘッドライトはLEDだそうです。なんか贅沢。軽にもLEDヘッドライトが付くなんて。
P6216419
まだ来たばっかりみたいでナビはついてませんでした。ずっとこのまま試乗車になっているのかも。
P6216418
屋根の開け閉めは電動ですが、バックル操作は手で行います。まあ、これぐらいいいっか。助手席にも手が届くし、一人でも開け閉めできるでしょう。
P6216420
屋根を開けた時、メタルトップとトランクの間の隙間になにもカバーがありません。まえのコペンのときにカバーがあったのだけど、ほとんどの人は邪魔臭がってつけていなかったから廃止したそうです。でも、ちょっと、この部分がおしゃれじゃないかな。
P6216421
屋根を開けてトランクに収まった状態でトランクを開けるとこんな感じ。手前の隙間から荷物は入りますが、ちょっと間口が狭いからスーパーのレジ袋を入れるのにも苦労するかも。
P6216422
奥の方は空間があるので、買い物袋ぐらいは入ります。
P6216427
これが屋根を閉めた状態のトランク。深さはないけど広さはあるので結構使えそう。
P6216426
奥に巻き取られているトノカバーを引き出して挿した状態。この手前の部分が屋根を開けた時に使えるスペース。
P6216425
ブレーキは前輪はディスクだけど後輪はドラムだった。まあ、重量が軽いから大丈夫か。900kgはないです。
屋根を開け閉めする映像。屋根とリアガラスの二つ折りです。三つ折にしたらかなりコンパクトになったんだろうけど、このサイズなら2つで十分か。


で、肝心の試乗なのですが、なんと! 試乗車がMTだったこともあり、全然気が抜けず、ちっとも感想らしきものは残りませんでした(^^ゞ まあ、普通に走ります。気のせいかも知れませんが、ボディのほとんどが樹脂でネジ止めしてあるので、なんとなくザワザワしている感じがしました。気のせいかも知れないけど。
あと、外板が交換できて楽しめるという触れ込みですが、外板はディーラーで交換作業してもらうのが基本のようです。じゃ、外板は幾らするの? というと、これは決まっていません。オプションリストにも載っていません。 交換したら外板はどこに仕舞っておくのかも問題になりそうです。 なので、外板を交換するひとはかなり稀なのではないでしょうか。 話題作りのための着せ替えのようです。
風の巻き込みはほとんどありません。助手席との間にウィンドウデフレクターがあるので、後ろからの巻き込みをカットしてくれます。 そのかわり座席の高さを低くできないので、頭のうえを風が通りすぎて、結構、髪の毛がボサボサします。 帽子をかぶりましょう。 風の処理については全体的に好印象でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です