メルセデス new GLA に試乗してきました

コペンに乗ったついでにディーラーにいってGLAの試乗をしてきました。きょうはフェアーみたいでたくさん人が来てますが、必ずしもGLAがお目当てではなくて、AやCLAやこんど出てくるCの話が多いそうな。
内装外装の話は、前回のレポートを見ていただくとして、きょうは純粋に試乗だけ。
乗ったのは、GLA250 4MATIC SPORTというやつです。エンジンは2Lの過給器つき。エンジン型式はこの前乗ったスカイラインの2L版と違いますが、スペックは同じ。しかし、GLA250のほうが音が静か。遮音がいいのか、なにか改良されているのか。
低速からの出だしもスムーズで、裏道をちょこちょこ走っているときのエンジンのシャクリのようなものも感じれらないのでA180よりかなり上品です。足回りもゴツゴツした嫌味が少なくて、これならいいかも、と思えました。それにしてもA180やCLA180のあの足の硬さとバタつき感はなんとかしたほうがいいと思うんですがねぇ。
同じAクラスのシャーシーを使っているのに、これだけ乗り味が違うもんなんですね。 タイヤがYOKOHAMAタイヤのランフラットで側面がむっちり型だったので、タイヤからくる影響もかなりあると想像されます。
ぜひ、雪道で4MATICがどれぐらい役立つものか試してみたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です