紋別で食べたもの

やっぱ、北海道旅行の楽しみといえば食事でしょ。ぼちぼち食事の話など。まずは紋別から。
紋別の名産は海産物。毛ガニ、ホタテ、かまぼこ をよく目にします。じゃー、最初は寿司でしょ。
Sany0446
紋別の一番の繁華街? 夜はネオンが点きますが昼はまったくわからない。 地図を頼りに「政寿司」という寿司屋へ。ひっそりしているので営業してる?と疑いたくなる通り。でも、ちゃんとやってました。昔からあるお寿司屋さんという感じですかね。値段は上寿司を2人前と少し追加して5千円台。まあまあのコストパフォーマンス。味もまあまあいけます。ご飯の温度が丁度いい、って感じです。おまかせでいろいろ出して欲しかったけど、昼真っからあまり調子がでないみたい。
Sany0462
Sany0470
夜にいってみたのは、郷土料理を出すという「あづま」 ちょっと奥に入った目立たないところにあります。ここは2千円の晩酌セットというのがお徳かな。どちらかというと揚げ物が得意みたいで、一番のお勧めは、鳥の半身を丸ごとあげた「半身揚げ」という料理みたいです。揚げ物が好きな方ならどうぞ!
Sany0568
実は、紋別で食べたもののなかで一番うまかったのは、帆立かまぼこ です。かまぼこが名産で、いろんな種類があるんですが、帆立丸ごと1個と帆立フレークを練りこんだ、1個300円ぐらいの高いほうの帆立かまぼこが、うまいんですわ。これをビールのおつまみにしたら最高!普通の200円ぐらいのもありますが、そっちは感動しません。高いほうが断然うまいです。ガリンコ号乗り場の売店で売ってました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です