CES 2018に行ってきました、観光編

安くするために早く現地入りするんだから、CESが開幕するまで思いっきり観光すると決めました。そして、トリップアドバイザーでお勧めを色々さがしたところ。 まず、フーバー・ダムとグランドキャニオンWEST。フーバー・ダムは金融恐慌の対策で作ったそうですが、このダムで発電した電気をラスベガスに送って、あのきらびやかなネオンをつけているといいます。 流石にデカイ。
P1086814pano
そういえば、レンタカーを借りました。日本で7人乗りを手配済み。マッカラン空港についてらシャトルバスでレンタカーセンサーに向かい、予約した会社のデスクへ行って手続き。 もらった書類を手にクルマのところへ行ったら、あそこの大きなクルマが停まっているゾーンから、好きなのに乗っていけという。 そういう仕組なんですか? クルマはトヨタ、日産、KIAの3種類。 本当はアメリカンなDODGEとかにしたかったのに。もちろん全部左ハンドル。それは慣れているからいいとして、問題は右側通行。 これがまた慣れない。 最初のうち、ついつい左側へ寄ってしまうんですが、そっちはセンターライン側なので速い車の車線。 交差点にきても、安全確認で見る方向が違う。 まずは左側をみて、右奥を見て。 日本だと反対。 右側みて左奥を見て。 ほんと最初の3日ほど慣れませんでした。
フーバー・ダムはラスベガスの街から40分ぐらい。さらに1時間半ほど走ってグランドキャニオンWESTへ。ここには、崖から突き出た床がガラスの展望台があり、あたらしい名所になっているそうです。
P1086905
ですが、この施設にはいると手持ちのものは全部あづけないといけない。写真も撮れない。 それが面白くないんですよ。 いくらねぇ、お金儲けだとしても写真ぐらい撮らせてよ。70ドルほどするのでコストパフォーマンスが悪いわ。 フーバー・ダムはアリゾナ州側の無料駐車場に止めればタダ。
そういえば、ラスベガスに到着した次の日。後発隊が到着するまえに、ラスベガスからクルマで1時間ほどのバレーオブファイヤーというシマシマの岩があるところへ。
Img_20180106_135442
かって海だったところの地層が盛り上がって、こんな風になったんじゃないですかね。仕組みはよくわからないけど。 公園内に入るのにクルマ1台7ドルでやすいし、ラスベガスから近いし、ラスベガスに行ったら行ってみるといいです。 しかし、携帯の電波が入らないような場所なので、 Googleマップには地図をダウンロードしておかないと、場所が分からなくなります。
屋外へ出かけた観光で、一番貴重な体験だったのは乗馬。 牧場の囲まれた柵の中を引かれた馬に乗って回るのとは違う。 広大な草原というか岩山もあるんだけど、その中を一人一頭に乗って、みんなでツアーのように散歩するやつ。 これが面白そうだったのでぜひやってみたかったです。
P1087044
P1087030

奥様の馬は、シュガーという名前の小さい牝馬。 私が乗ったのはソーカウという雄馬なんだけど(たぶん、牛みたい、という意味)、お腹が空いているのか、すぐに寄り道して草を食べだしてしまう。 なかなか言うことを聞かなくて、最初、困りました。 でも、崖みたいな斜面も平気で登っていく馬って、凄いねぇ。 ほっといても進んでいくし、究極の自動運転。
あと、ラスベガスといえばショーなので、有名どころを。 シルクドゥソレイユOはとても良かった。席も前の方だったし。 ブルーマン・グループもまあまあ、喋らないから英語が分からなくてもブラックユーモアは理解できる。
そして最後にデビットカッパーフィールド。 むかし日本によく来ていて、大きな飛行機を消すとか変わった手品を一杯やってるひとで、いまでも公演してます。 ところがこれが一番英語力が必要で、 聞き取れないとイマイチわからない。
そうすると、ランキング的には、デビットカッパーフィールド < ブルーマン < シルクドゥソレイユO
です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です