グレーちゃん保護作戦2

横浜はまだ雨が殆ど降っていない。それは降雨マップからも知っていた。この東京電力のマップは結構正確なので、正確に雨が降っている場所を知りたいときにはいつも使っている。ご飯を食べ、駐車場付近の雨が止むタイミングを見計らっていた。雨はだんだんと横浜に近いほど酷くなっており、駐車場付近はだんだん少なくなって、この先1時間ほど晴れ間が出る可能性が読み取れた。
車にダンボールとタオルを積み込んで出発。途中、新横浜付近は豪雨だったが、駐車場に近づくにつれ雨は弱くなり、到着したときは殆ど雨は止んでいた。狙い通りのタイミングで到着。
早速、呼ぶと、いつものメンバが現れた。でもグレーちゃんは来ない。酷い雨だったのでどこかに隠れてしまって今日は無理か。しばらく懐中電灯であたりを探してみた。姿は見えない。車の方向を振り返ると、隣の車のエンジン下のカバーあたりから頭と前足を垂らしている猫の姿を発見。近づくとグレーちゃんだった。腕を突っ込んで引っ張ってみたが体が引っかかって降りてこられないようだ。なぜか体はずぶ濡れで冷たかった。豪雨の最中に出てきて車の下に隠れていたのだろうか。ご飯を置いて呼んでみるがカバーに引きこもって出てこなくなってしまった。うーん、呼んでも返事はしないし、出てくる様子もない。車の持ち主を探してボンネットを開けてもらうという手もあるが、こんな夜では見つかりそうもないし。さて、どうする。

カテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です