あっという間に25%体重減、スーちゃんは腎不全

Pb262256
3週間前に、なんかスーちゃんの元気がないなぁ。お尻がずいぶん小さくないか?、と気付き、体重を測ったら2.71kg え?この前、10月1日に測ったときは3.61kgだったので900gも減っている。900gって少ないようだけど、3.6kgと比較すれば25%に相当するわけで。体重70kgの人に例えたら17.5kgも体重が減ったことと同じ。 こりゃ変だろうといそいでミーちゃん先生のところに連れて行きました。 そんな簡単に体重が一気に減るものではないので、入院していろいろ検査した結果、腎臓の数字がかなり悪いことが判明。ステージ3で治療を続けないと生きていけないレベルでした。 あー、どうしてここまでになるまで気付かなかったかな。 スーちゃんは私に触らせてくれないので、体重測るときは、扉をしめて隔離状態にして、追い詰めないと捕まえられない。 だから、普段は遠巻きに見るしかないんだけど、そういえば、ご飯の減りが少ないし、よく水も飲んでたし、顔も小顔に感じたな。
で、5日後に退院して、まずは皮下補液しながら脱水と飢餓状態から抜け出すことが第一。モフモフとご飯が一緒だと食べているのか水もどれだけ飲んでいるのかわからなかったので、大きなゲージを買って昼間は隔離することにしました。 2日に1回のペースで皮下補液するのですが、殺気を感じて逃げるスーちゃんはベッドの下に隠れる始末。逃げ込めないようにして捕まえにいくと、観念して諦めポーズ。 ダメと分かったら意外と諦めるのが速いのがスーちゃん。 最後まで抵抗するのがモフモフ。
10846513_788110191263121_5078404209
退院してきて体重は戻るかと思いましたが、また下降気味に。とにかく食べてもらわないことには困るので、もらってきた肝臓サポートのカリカリや、好きそうな缶詰を買い集めて、次々と試していったところ、大好きな缶詰を発見。それがカルカンのツナあらほぐしフィッシュソース添え。 もちろんスーちゃんだけでなくモフモフも寄越せと騒ぐので、小さい皿にモフモフ分を取り分けて、モフモフが食べている間にスーちゃんに持っていきます。
Photo
そして、Webカメラで日中のご飯を食べるのを観察してたら、夕方4時頃に起きてきてまた食べるので、朝夜だけでなく、朝夕夜に3回上げる努力をすると、やっと体重が上昇傾向になりました。 カリカリはたっぷり上げて好きなときに食べればいいけど、缶詰は乾燥するのでそうもいかず難しいです。
いまは、夜だけゲージから出して、ウンチを外でして、奥様と一緒に寝て、朝はゲージに戻って朝ごはんを食べて、帰って夕飯を食べて、もう一度夜ご飯も食べて、ご飯とオシッコはゲージの中で、という入ったり出たりの生活に段々と慣れてきました。 オシッコは吸収シートにするので重さを測ると、1日に150ccぐらいしているようです。
という感じで、いまやっといい感じになってきたので、あとはどこまで体調を戻せるか。 です。

カテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です