猫でもわかる、野菜と季節の関係

みなさま、いかがお過ごしで? もう、今年の暑さにはまいります。しかし、昨日あたりからぐっと涼しくなって、エアコンを付けなくても過ごせるぐらいになりました。 暑さに強いと言われる猫ですが、この2年ほどの様子で、明らかになったことが。 それは季節の野菜がわかるらしいです。
Img_20180728_081237
これはモフモフとスーちゃんのご飯一覧。毎朝毎夕、1日2回。右側の缶詰系から2つ、左側のカリカリ系から大きい粒と小さい粒の2つ。合計4つをあげています。 缶詰系はモフモフのお好みで、スーちゃんはカリカリ系が好き。 それを2種類ずつあげているのは、気分で好きな方を食べられるようにしてあげるためです。 猫は喋れませんから。 そして、毎回これだけあげてると、 ご飯が少なくてひもじい思いをしないので、食い意地張って食べ過ぎることもないみたいです。
モフモフは缶詰系が好きですが、そのなかで基本となっているのは、「ツナのグリル トマト入り」と「ツナのグリル ほうれん草入」 の2つ。 トマトとほうれん草なんて、猫が好むのか?と思うでしょ? まあ昔はそう思ってましたが、他にもいろんな缶詰をあげてみて、この2つが安定して好きだということがわかり、この数年は、この路線です。
そして、この2つを同時に与えたとき、与える順番を入れ替えてみたりしながら分かってきたことですが、 夏はトマトのほうが好み。 先にほうれん草を出して、食べだしているところに、トマトを出すと、トマトに移る。 冬は反対で、先にトマトを出して食べているところに、次にほうれん草を出すと、ほうれん草のほうを食べだす。 夏はトマト、冬はほうれん草がいいそうです。 どちらも旬にあったほうが好みだそうで。
旬の野菜を食べたほうが体にいいらしいですが、猫は分かっているみたいです。

カテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です