ETロボコンのガレッジニア作品を公開、今年はいろいろあるよ

えーっとですね、ETロボコンというロボットコンテストがあるんですが、そのカテゴリーの1つにガレッジニアという部門があります。なんでもいいから面白いもの作ってもってこい! という趣旨なんですが、今年もその作品の一覧が公開されました。 一覧はここをクリックするとあります。
Photo
それでですねぇ。ちょっと実行委員会からも作品だして、手本を見せてあげないといけないだろう(という偉そうなことを言い出しまして) 今年の春からチマチマと作り始めたのが、テニスボールを自動で回収してくれるロボット。名前はTenibo テニボ。 おんなじ名前のキャラクターがいるんだけど、その点はごめんね。
お盆頃にはだいたい完成して、プロモーションのビデオを撮影して、編集して、ようやく完成したのがこれ! テーマはテニスで日本を元気にしようなんだけど、ちょうどいいときに大坂なおみ選手が4大大会で優勝して、錦織選手の調子も良くなってきたし。テニスでロマンスといえば平成天皇が軽井沢のテニスコートで出会ったというし。
Photo_2
ところが、最近の若者はテニスでロマンスの意味合いがわからないらしい。うーん、困った。そんなところに落とし穴が。 しかしね、それは置いといて、こういうモノを作るといろんな勉強になるわけです。ボールを拾い集める機構をどうしようかとか、エレキやソフトのシステムをどんな風にしたら屋外で使ってもちゃんと機能するかとか。 水中ロボット制作で得られたノウハウが結構役立ちました。 水中に比べれば陸上なんて簡単なもんです。 
そんなわけで、応援の「いいね」をTeniboによろしくね! というお願いなんですわ。
あと、うちの会社から2チームが出場しているんですが、こちらもね。
1.KGware
2.MeGaTe
ちなみに、この制作過程は写真で公開してあります。やっぱり、一番たいへんだったのは、ボールを拾う機構をどうするか、ですね。 ピッチングマシン方式も試したけど、確実にいくなら今の方式でないと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です