続検証、天然水素水という名前がついたミネラルウォーター

例の試薬を手に入れたので、なんでも調べてみたい気分。実は、実家の母が水にハマってまして。その名前に「天然水素水」という怪しい文字が踊ってたので、帰省ついでに計ってきました。
Img_20151121_151233_4
ね!天然水素水って書いてあるでしょ?前から怪しいと思ってたんですよ。だって1本400円以上するとか。
Img_20151121_151452
ものとしてはミネラルウォーターです。どこにも水素の話が書いてないなぁ。あ?1箇所だけある。
「製造時の溶存水素量3.0ppb」
おー、3.0ですか。 あれ?ppb? b? B? ppmではない? mはミリオンでしょ? bってもしかしてビリオン?
単位を調べてみると、1ppm=1000ppb つまり0.003ppmです。 それも製造時にね。
この前の実験で分かったように、水素は水に溶けていてもすぐに逃げていってしまうようで、実際に水素水サーバーを買った人の話を総合すると2時間で殆ど水素は抜けてなくなるそうですよ。
Img_20151121_151713
一応、それでも実験しておきましょう。もちろん反応なしです。そりゃ製造時に0.003ppmでペットボトルに詰めたって試薬に反応するほど残っちゃいないですよ。母がやっと目が覚めたようです(^^ゞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です